助成を受ける

1 目 的

・令和2年4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け緊急事態宣言が内閣総理大臣から発出され、4月16日には対象が全都道府県に拡大されました。
・今後、感染拡大及び緊急事態宣言の影響を受け、地域の子どもたちとその家族をめぐる生活課題が、長期化、深刻化していくことが強く憂慮される事態となっています。
・そこで長野県共同募金会では、日常生活に困難を抱える家庭の子どもたちとその家族を支援する活動を応援することを目的に本助成を実施します。

2 実施主体

社会福祉法人長野県共同募金会
(全国の都道府県共同募金会、社会福祉法人中央共同募金会の協働実施)

3 協力団体

社会福祉法人全国社会福祉協議会、社会福祉法人長野県社会福祉協議会、特定非営利活動法人長野県NPOセンター、
公益財団法人長野県長寿社会開発センター

4 対象団体

長野県内のボランティアグループやNPO法人等の非営利団体
(法人格の有無は問いません。営利企業・団体は対象外とします。)

5 助成対象事業

・新型コロナウイルス感染症の影響により、日常生活に困難を抱える子どもと家族を支援する活動(子どもたちに安全な居場所や食事を提供する活動、生活困窮世帯や一人暮らし高齢者に食材や日用品を届ける活動、休校措置に伴う学習素材等を提供する活動、長引く休業期間に生活不安を抱える人たちの支援活動、虐待やDVを防ぐ取組みを行う活動など)
・令和2年5月1日(金)から6月30日(火)までに実施する活動

6 助成対象経費

・食材や消耗品、備品を購入した費用  ・参加したボランティアの交通費(実費)  ・活動に使用した会場の賃借料
・食品や弁当等の配送費(ガソリン代等)  ・ボランティア行事用保険料  ・活動に使用した光熱水費、通信費、印刷費 など
※人件費、団体の通常活動に係る経費、公的資金が充てられる費用は対象外です。

7 助成額

・1団体10万円以内とします。ただし、複数団体の協働事業は1件20万円以内とします。
・助成総額は100万円を予定しています。募金活動の実績により増額の可能性があります。

8 応募期間

令和2年5月15日(金)から6月1日(月)まで(必着)

9 申請方法及び助成決定等

・申請書に必要事項を記入のうえ、会則・規約、団体の活動実績がわかる書類を添付し、電子メール又は郵送により申請してください。申請書様式は、下記からダウンロードしてください。
・審査結果は6月上旬に、申請団体にお知らせします。
・助成金は精算払いになります。助成決定団体には、活動終了後1か月以内に活動・精算報告書 及び領収書のコピーを提出いただき、本会で確認のうえ送金します。報告書様式は助成決定時にお示しします。活動実態が確認できなかった場合は、助成決定を取り消す場合があります。

10 申請書提出先・問合せ先

社会福祉法人長野県共同募金会 
〒380-0871 長野市西長野143-8 長野県自治会館2階
電話 026-234-6813 電子メール nkyobo@akaihane-nagano.or.jp